ジスロマックの詳細

ジスロマックとは、ファーザー製薬会社が製造、販売している、マクロライド系の抗生物質になります。
内科や、耳鼻科、歯医者など様々なシーンで活躍しているます。
他の抗生物質と大きく違うのが、副作用も少なく、アレルギーも少ないとされています。
そして、一番の特徴は、薬の効き目が長く、ピンポイントに効果を発揮してくれるので、他の場所に広がらないので、副作用が少ないとされています。
そして、薬の効き目が長いということは、薬を飲む回数が少なく済むということです。
通常、1日1回服用し、3日間続けるだけで、一週間効果が持続します。
そして、そのまま症状が良くなるということになります。
そのおかげで、飲み忘れや、薬を苦手な人にも、そして、子供にもとても最適な薬となります。
実際、知人の子供がマイコプラズマになって、3回薬を変え、最終的にこの治療薬を三日服用して、熱が下がったとの事でした。
子供にも服用できるので安心な薬です。
そして、一番多く使われているのが、性感染症のクラミジアで使用されています。
子の性感染症ですが、日本で一番多い性感染症とされています。
症状が出にくく、気付かないまま放置し、他の人に感染してしまうと言ったことが理由になります。
自分が感染してた場合、パートナーも感染してることが多いので、二人で検査をすることを進めます。
女性の場合、感染したまま放置してしまいますと、重大な疾患になることもあります。
そして、妊娠して自然分娩の場合、産まれてきた子供に感染してしまい、肺炎などを起こしてしまいます。
女性が妊娠した場合、必ず、健診でクラミジアの検査はするようになってます。
妊娠中でもジスロマックは服用可能で、抗生物質のなかでも安全性が高いとされています。
この治療薬にも、ジェネリック医薬品は存在します。
最近は、病院や、薬剤師によって、どちらにしますか?と聞かれたりすることが多くなってきています。
まだまだ、ジェネリックに対し、抵抗の多い方はいらっしゃると思いますが、有効成分が一緒ですので、効能や効果は全く同じとなってます。
そして、先発薬に対して作られた同じ成分の治療薬ですので、後発薬とされ、価格がやすくなってますので、後発薬のほうがお得です。
性感染症予防で使用されている方もいますので、予防として使うのであれば、後発薬のほうが手に入りやすくなってますので、気になる方は1度チェックしてみてください。

Copyright © 2015 性病!無問題!ジスロマックとアジーが解決 All Rights Reserved.